意外と間違ってる!?正しい洗顔方法

正しい洗顔方法

毎日のスキンケアで欠かせない“洗顔”ですが、実は自己流の洗顔方法が癖になっていて、肌にダメージを与えている人が案外多いことがわかってきました。

間違った洗顔方法が肌トラブルの原因とい可能性もありますし、洗顔方法を見直すことがニキビ予防にもつながるので、自分の洗顔方法が間違っていないか、これを機会に確認してみましょう。

洗顔の目的=“汚れ”と“皮脂”を落とすこと

洗顔の本来の目的は、肌表面の“汚れ”や“皮脂”を落とすことです。毛穴につまり硬くなった“角栓”や“メイク”などは一般的は洗顔料では落とすことができません。毛穴つまりが気になるからとゴシゴシ洗いをしてしまうと、肌に必要な水分や油分まで取り除いてしまいトラブルの原因になるため気を付けましょう。

メイクをした時は、メイクの主成分である“油性汚れ”になじみやすい成分が入ったメイク落としを使い、毛穴の黒ずみや角栓を取り除きたいときは、角栓の主成分である“タンパク質”を分解するピーリングや酵素洗顔を使うように、落としたい汚れに合ったアイテムを適切に使いましょう。

洗顔の本来の目的をしっかり理解した上で、毎日行う洗顔方法が間違っていないか見直してください。

正しい洗顔方法

手を清潔にする

手には目に見えない雑菌がたくさん付着しているので、まず洗顔前にせっけんで手を洗います。

ぬるま湯で予洗いをする

33℃~36℃くらいのぬるま湯で予洗いをします。自分で「ちょっとぬるいな」と感じる温度が適温です。あまり熱いお湯だと肌にダメージを与えたり、必要な水分まで奪ってしまうので、ぬるま湯を意識しましょう。

洗顔料を十分に泡立てる

泡立てるタイプの洗顔料の場合は、十分に泡立てます。手で泡立てるより洗顔ネットを使う方が、手軽でよりふんわりした泡を作れるのでおすすめです。

泡立たないタイプの洗顔料の場合は、“適量”を意識します。使用する量が少なすぎると手の摩擦で肌に刺激を与えてしまうからです。

皮脂の多いTゾーンから洗い始める

洗い始める順番は、まず皮脂分泌の多いTゾーンから始めます。次に頬や顎と続いていきます。

乾燥しがちが口周りや目元は最後に泡を乗せる程度で十分です。

ゴシゴシ洗いはNG。優しくクルクルと泡で汚れを落とすイメージで

洗いときに“ゴシゴシ”洗いはNG。毛穴つまりやべたつきが気になるところは、つい力を込めてしまいますが、そうすることで余計に肌状態が悪くなってしまいます。

肌に手が触れないように、手と肌の間に泡の弾力をかんじながら、優しくていねいに洗いましょう。

ぬるま湯で十分に洗い流す

洗顔料を洗い流すときは、ぬるま湯で最低20回以上はすすぎましょう。

見た目に泡はなくても、まだ成分が肌に残っていることがあるので、すすぎは十分に行います。すすぎが不十分だと、毛穴つまりやかぶれなどの肌トラブルになりかねないからです。

清潔なタオルを使う

せっかく肌を清潔にしたので、タオルも清潔なものを使って水分をふきとります。この時もやさしくポンポンと押えるように水分をふきとりましょう。

洗顔後は十分な保湿を

洗顔後は保湿を十分に行います。
ニキビはうるおい不足が大きな原因ともいわれているので、しっかりと保湿ケアを行いましょう。

おすすめの化粧品

ビーグレン

汚れや「タンパク質」を吸着して取り除く、超微粒子の“天然クレイ”を配合した皮膚浸透テクノロジー採用のサイエンスコスメ

ルナメアAC

毛穴より細いファイバースクラムで毛穴つまりを除去。「うるおい+有効成分」が毛穴に直接届く新感覚のニキビ化粧品

エトヴォス

角質蓄積を防ぎ毛穴つまりを予防するピーリングジェル。バリア機能を高める「ヒト型セラミド」配合のスキンケア

このページの先頭へ