ニキビケアの基本!自分にあった洗顔料の選び方

洗顔料の選び方

石鹸タイプやフォームタイプ、泡タイプやジェルタイプなど、様々な洗顔料の中で自分に合った洗顔料を見つけるには、どのような選び方をすれば良いのでしょうか?

今回はニキビ肌の洗顔料の選び方についてご紹介したいと思います。

肌質に合った“洗浄力”のものを選ぶ

洗顔料を選ぶうえでとても重要なポイントとなるのが“肌質に合った洗浄力”のものを選ぶということです。

洗顔料の本来の目的は「必要なうるおいは残して、汚れだけ落とす」こと。この言葉だけ聞くと、保湿成分がしっかり入ったしっとりタイプの洗顔料の方がいいような気がしてきますが、肌質は様々なのでしっとりタイプでは十分に汚れが落としきれない可能性もあります。

乾燥肌や敏感肌の人は、保湿成分入りのしっとりした洗い上がりのものを、皮脂分泌の多い脂性肌の人はさっぱりとした洗い上がりのものなど、それぞれの肌質に合った洗浄力をものを選びましょう。

タイプ別の解説

(1)フォームタイプ

チューブに入ったもので、洗顔料の中では最も一般的。保湿成分入りやピーリング成分、スクラブ入りなど様々な特徴を持つアイテムがあります。泡立ちが良く管理もしやすいので使いやすいですが、洗浄力が強いものもあるのでお肌に合ったものを慎重に選ぶ必要があります。

(2)石けんタイプ

さっぱりとした洗い上がりが特徴ですが、保湿成分や美容成分を多く配合しているものもあり、敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使えます。ただし、水分の多いところでは溶けやすいなど、管理が面倒なところが難点。

(3)ジェルタイプ

水分が多くクリーミーな泡立ちが特徴。洗浄力が強くさっぱりとした洗いあがりなので、皮脂分泌が多いオイリー肌(脂性肌の人におすすめのタイプです。)

(4)泡タイプ

最初から泡の状態で出てくる便利なタイプ。でも、洗浄力の強い界面活性剤が大量に配合されていることが多く肌へ負担になることも。

(5)ピーリング(酵素)タイプ

肌の古い角質を分解して除去する成分が配合されているタイプ。毛穴につまった角栓や黒ずみ、ザラツキなどのケアに最適です。ニキビ予防にも。しかし、敏感肌や乾燥肌、ニキビの炎症がひどい場合は刺激になることもあるので注意が必要です。

(6)スクラブタイプ

スクラブタイプは小さな粒子が毛穴つまりやザラツキなどを取り除いてくれるさっぱりとした洗いあがりが特徴。しかし、肌への刺激になることも多く、炎症ニキビがある人や敏感肌、乾燥肌の人にはおすすめしません。

しかし、近年では肌への負担が少ない繊維状のスクラブが開発され、従来よりも使用しやすくなっています。

実際に使ってみて洗い上りを確かめてみる

色々なタイプの洗顔料の特徴をご紹介してきましたが、やはり最終的には自分のお肌で実際に使用してみるのが一番です。

実際に使ってみて「イヤなつっぱり感がないか」「刺激を感じないか」、そして「汚れがしっかり落ちているか」を確認します。洗顔は毎日行うものなので、使ってみて“使用感がいい”ものを選びましょう。

おすすめの化粧品

ビーグレン

汚れや「タンパク質」を吸着して取り除く、超微粒子の“天然クレイ”を配合した皮膚浸透テクノロジー採用のサイエンスコスメ

オルビス

豊富な弾力のある泡と有効成分“グリチルリチン酸ジカリウム”がニキビの炎症を抑えながら優しく洗うニキビ用化粧品

ルナメアAC

毛穴より細いファイバースクラムで毛穴つまりを除去。「うるおい+有効成分」が毛穴に直接届く新感覚のニキビ化粧品

このページの先頭へ