ニキビ予防には「ビタミンC誘導体」がオススメ

ビタミンC誘導体とは

ニキビ予防に欠かせない成分と言われてまず最初におすすめしたいのが“ビタミンC誘導体”です。現在では、美肌成分として注目されているビタミンC誘導体ですが、ニキビ予防としてもとっても効果的な成分です。

また、なかなか治りずらい“ニキビ跡”の回復を早める効能もあるので、ぜひ積極的に取り入れてみてください。今回は、そんな「ビタミンC誘導体」の主な効能についてご紹介します。

ビタミンC誘導体とは?

サプリメントなどでよく耳にする“ビタミンC”は、安定性が悪く酸化しやすいという特徴を持ち、また、粒子が大きいため肌に浸透しずらいというデメリットがありました。

そこで、安定性を高め酸化しずらくし、角質層への浸透力を高めた“ビタミンC誘導体”が開発されるようになったのです。

ビタミンC誘導体には、様々な美容効果があり、特にニキビ予防やニキビ跡の回復には欠かせない成分です。

万能成分「ビタミンC誘導体」のつの美容効果

ビタミンC誘導体には、ニキビ予防やニキビ跡の回復などうれしい効果がたくさんありますが、それ以外にも様々な美容効果が報告されています。そこで、主な美容効果をご紹介したいと思います。

過剰な皮脂分泌を抑える

皮脂をコントロールし、過剰な分泌を抑えます。毛穴つまりを予防できるので、ニキビ対策に有効です。また、テカリやべたつきが気になるオイリー肌(脂性肌)の人の“皮脂ケア”にもおすすめ。

毛穴を引き締める

過剰な皮脂分泌などで開いた毛穴を引き締めます。また、ビタミンC誘導体には肌をふっくらさせる効果もあるので、たるみによって目立った毛穴の改善にも有効です。

シミ・くすみの改善

ビタミンC誘導体は“美白成分”としても有効です。お肌の角質層に浸透し、ターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)を促進することで、メラニンの排出を高めてくれます。そうすることで、シミが改善されたりお肌がワントーン明るくなるなどの効果が期待できます。

抗酸化作用(炎症ニキビの消炎効果)

高い抗酸化作用があり、炎症を起こしたニキビの消炎作用があります。また、肌細胞の“酸化”を防いでくれるので、アンチエイジングとしても有効です。

肌の弾力をアップさせる

角質層に浸透することで、肌内部のコラーゲンの生成を促進する効果があります。コラーゲンは肌の弾力の元なので、このコラーゲンの量が増えることで、ふっくらとした肌になります。小さなシワなどを目立たなくする効果も期待できます。

ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体は、主に3タイプにわかれます。

(1)水溶性タイプ

皮膚に吸収されやすく、比較的早く効果が出るのが特徴。化粧水や美容液に配合されます。
この成分は、エトヴォスに配合されています。

(2)油溶性タイプ

水溶性に油を結合させたもの。安定性が高く持続性が長く続くのが特徴。
美容液やクリーム配合される。

(3)新型タイプ(APPS)

水溶性と油溶性の両方の特徴をあわせ持つ新型のビタミンC誘導体。浸透力も格段に高まり、従来のビタミンC誘導体の100倍とも言われる。

近年では、高い浸透力を持つ新型ビタミンC誘導体(APPS)よりも、さらに浸透力の高いタイプが開発され注目されています。その最新型ビタミンC誘導体は、シーボディに配合されています。

おすすめの化粧品

ビーグレン

ビタミンCを特許取得の浸透テクノロジーでナノ化した速効性の高い化粧品。ニキビ&ニキビ跡ケアにおすすめ

シーボディ

従来の200倍以上の浸透力があるといわれる最新型ビタミンCを配合した攻めのニキビケアシリーズ

エトヴォス

速効性のある“水溶性ビタミンC”と、持続性のある“油溶性ビタミンC”をバランス良く配合したニキビ化粧品

このページの先頭へ