ニキビはつぶしても大丈夫?

よく「ニキビは絶対につぶしたらダメ!」という言葉を耳にしますが、逆に「うまくつぶせば治りが早い」ということをよく聞きます。一体どちらが正しいのか迷ってしまいますよね。

結論からお伝えすると、ニキビは自己流でつぶすのは絶対にNG。理由については後でご紹介しますが、自分でニキビを潰そうとするとかえって炎症を引き起こす可能性があるのです。

ただし、「うまくつぶせば治りが早い」というのは事実で、正しいタイミングできちんと“ニキビの元”を取り除けば、早くニキビを治すことができます。

今回は、正しいニキビの潰し方についてご紹介したいと思います。

ニキビを自分でつぶすのがNGな2つの理由

ニキビを自己流で潰してはいけないのには、以下のような2つの理由があります。

手の雑菌が入り込み、炎症を起こしてしまう

ポツンとできたニキビを見つけると、つい手でつぶしてしまいたくなります。すぐに手が届くし、簡単につぶすことができるからなおさらですよね。

でも、手には目では見えない雑菌がたくさん付着しているので、その手でニキビを潰してしまうとニキビに雑菌が入り込み、炎症を引き起こしてしまう可能性があるのです。

傷やダメージを与えて余計にニキビが悪化する

ニキビを無理やりつぶそうとすると強い圧力がかかり、皮膚組織にダメージを与えてしまったり、ニキビに大きな穴があいてしまい、ニキビ跡の原因になってしまいます。

また、ニキビが出来るということは肌のバリア機能が低下しているということなので、刺激を与えてしまうとかえってニキビが悪化してしまうことがあるのです。

皮膚科で行う「面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)」でニキビの元を取り除く

ただし、ニキビは絶対につぶしてはいけないわけではなく、正しいタイミングで正しく潰せば早く完治させることができます。

その方法とは、皮膚科治療で用いられる「面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)」という方法です。この治療法は、ニキビの先端に針やレーザーでごく小さな穴をあけ、その後に面皰圧出器という専用の器具で皮脂や膿などの“ニキビの元”を取り除く治療法です。

この方法では以下のようなメリットがあります。

  • ニキビの治りが早くなる
  • 殺菌効果があり、ニキビが出来にくくなる(レーザーの場合)

ただし、この方法が有効なのは“白ニキビ”“黒ニキビ”“黄ニキビ(化膿ニキビ)”の場合で、炎症を起こした赤ニキビの場合はまず炎症を抑えるケアが最優先になります。

おすすめの化粧品

ビーグレン

汚れや「タンパク質」を吸着して取り除く、超微粒子の“天然クレイ”を配合した皮膚浸透テクノロジー採用のサイエンスコスメ

ルナメアAC

毛穴より細いファイバースクラムで毛穴つまりを除去。「うるおい+有効成分」が毛穴に直接届く新感覚のニキビ化粧品

エトヴォス

角質蓄積を防ぎ毛穴つまりを予防するピーリングジェル。バリア機能を高める「ヒト型セラミド」配合のスキンケア

このページの先頭へ