原因とケア方法:②白ニキビ

白ニキビは初期ニキビや黒ニキビと同様、まだ炎症を起こしていない非炎症性皮疹です。毛穴につまった角栓や汚れのせいで皮脂が出口を失いどんどん溜まった状態。大きさは1~3ミリ程度のは白いプクッとしたニキビです。

この段階できちんとケアすると、痕を残さず比較的早く治すことができます。では、白ニキビは何が原因なのでしょうか?また、効果的なケア方法についてもご紹介します。

初期ニキビが進行すると白ニキビになる

白ニキビは“角栓”や“汚れ”が毛穴につまり、皮脂が毛穴の中でどんどん溜まることで毛穴の中が広がり、皮膚がふくらんでいる状態です。初期のニキビは、毛穴に角栓や汚れがつまってしまった状態。そこから進行し、皮脂が過剰に分泌されることで毛穴の中に溜まった状態が白ニキビです。

皮脂が過剰に分泌される原因は以下の通りです。

  • 食生活の乱れ(油分の多い食事のとり過ぎなど)
  • 不規則な生活習慣
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 肌の乾燥

上記のような要因が原因となって皮脂分泌が過剰になり、白ニキビを発生させてしまうのです。

では、白ニキビにはどのようなケア方法を行えばいいのでしょうか?

白ニキビはまだアクネ菌の繁殖が起こっていないため、毛穴の炎症はありません。ですから、この段階できちんとケアすることで、比較的早く治すことができますし、ニキビ跡などの心配もなくなります。

白ニキビには一般的に以下のようなケア方法がとられます。

毛穴の中の皮脂を抜く“面ぽう圧出”という治療法

出来てしまった白ニキビは皮膚科などで行われる「面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)」という治療法が有効です。

この治療法は、小さな針で患部に穴をあけ、アクネプッシャー(面皰圧出器)という道具で毛穴の中の皮脂を抜くという治療で、肌表面を傷つけることなく白ニキビを除去することができます。

アクネプッシャーは薬局などでも買うことができセルフケアも可能ですが、「白ニキビかどうかを判断する」ことが難しいことと、「きれいに除去すること」ができるかどうかという問題もあるため、セルフケアで面ぽう圧出を行うことはおすすめしません。

保湿&角質ケアで白ニキビを予防する

出来てしまった白ニキビをケアすることよりも大切なのが、「新しい白ニキビを作らない」ことです。白ニキビは毛穴がつまり、皮脂分泌が過剰になることで発生するため、毛穴の詰まりにくい肌環境を作ることでニキビを予防しましょう。

毛穴つまりは、肌が乾燥し肌のバリア機能が低下することで角質が蓄積しやすくなることがわかっているため、保湿ケアを十分にしましょう。肌に水分を蓄える作用があるセラミドや高い保湿効果で知られるヒアルロン酸、そのヒアルロン酸の2倍の保湿力があると言われるリピジュアなど、保湿効果に優れた成分を配合した化粧品がおすすめです。

また、肌を柔らかくし古い角質を落とすピーリングや酵素洗顔などの角質ケアを定期的に行うことで、毛穴つまりを防ぐことができます。

おすすめの化粧品

ノブACアクティブ

マイルドピーリング成分。セラミド・リピジュアなどの高保湿成分を配合した臨床皮膚医学採用の基礎化粧品

草花木果

肌のバリア機能を高め毛穴つまりを予防する植物由来エキス配合の大人ニキビ専用化粧品。ストレス&生理前ニキビ対策に

エトヴォス

角質蓄積を防ぎ毛穴つまりを予防するピーリングジェル。バリア機能を高める「ヒト型セラミド」配合のスキンケア

このページの先頭へ