原因とケア方法:⑤黄ニキビ(化膿ニキビ)

黄ニキビは、赤ニキビが進行し毛穴の内部で膿が溜まった状態です。溜まった膿が皮膚から透けて見えた時に黄色く見えることから黄ニキビ、または化膿ニキビなどと呼ばれています。

この状態までニキビが進行してしまうと、色素沈着やクレーター状のニキビ跡になる可能性が高くなるので、“これ以上悪化させない”ことと、“絶対につぶさない”ことが大切です。

では、黄ニキビはどのようにできるのでしょうか?

炎症が重症化すると膿を持った黄ニキビに

黄ニキビは赤ニキビがさらに進行し重症化したニキビです。毛穴の炎症を起こしているアクネ菌を排除するために血液中の白血球が活発に活動を始めます。炎症が進行していくとこの活動がどんどん激しくなり、その過程で生まれた“細胞組織”や“体液の死骸”が膿となって毛穴の内部に残ります。これが、膿の正体です。

この段階までニキビが進行すると、肌表面だけでなく真皮層にまで炎症が広がっている可能性が高く、高い確率で凸凹のニキビ跡が残る可能性が考えられます。

黄ニキビ(化膿ニキビ)はニキビの最終段階であり重症化している状態なので、これ以上悪化させないようにすることが第一になります。日常生活の中で髪の毛や手で極力さわらず、スキンケアの時も優しく刺激を与えないようにしてください。

では、黄ニキビが出来てしまった時はどのようなケアが有効なのでしょうか?

過剰なスキンケアはNG!炎症がひどい場合は皮膚科へ

黄ニキビまで進行してしまった場合に有効なケアは、まずこれ以上悪化させないように“患部に刺激を与えないこと”。そして、“基本的なスキンケアで肌を清潔に保つこと”が大切です。

化膿した状態の黄ニキビがある場合は、症状が収まるまでピーリングなどの積極的なケアはさけ、「洗顔→保湿ケア」の基本的なスキンケアを丁寧に行い、肌のバリア機能を高めることで新たなニキビを予防しましょう。

普段使う基礎化粧品はニキビの炎症を抑える“抗炎症作用”のある成分配合のものがおすすめです。代表的な抗炎症作用のある成分は、ニキビ化粧品に多く用いられる「グリチルリチン酸ジカリウム」や高い殺菌効果がある「サリチル酸」、生薬としても使われる植物成分の「オウバクエキス」など。

ニキビの炎症を抑えながら症状が落ち着くのを待ち、正しいスキンケアで肌表面のバランスを整えることで“ニキビの出来にくい肌環境”を作りましょう。

ただし、黄ニキビ(化膿ニキビ)は重症化したニキビなので、気になる人は早めに皮膚科で受診することをおすすめします。

おすすめの化粧品

ビーグレン

汚れや「タンパク質」を吸着して取り除く、超微粒子の“天然クレイ”を配合した皮膚浸透テクノロジー採用のサイエンスコスメ

ルナメアAC

毛穴より細いファイバースクラムで毛穴つまりを除去。「うるおい+有効成分」が毛穴に直接届く新感覚のニキビ化粧品

エトヴォス

角質蓄積を防ぎ毛穴つまりを予防するピーリングジェル。バリア機能を高める「ヒト型セラミド」配合のスキンケア

このページの先頭へ