ニキビの基礎知識

ニキビがで出来るまでのメカニズムや、正しいケア方法を種類別に解説します。ニキビの基礎知識を知ることで、あなたのトラブルに合った対策をみつけましょう。

ニキビのタイプ別『原因とケア方法』:①初期ニキビ

炎症のないまだ初期段階のニキビ。ここから「白ニキビ」や「黒ニキビ」へと進行していきます。

見た目にはほとんどわからない「初期ニキビ」ですが、この段階からきちんとケアすることでニキビの悪化を防ぐことができます。

ニキビのタイプ別『原因とケア方法』:②白ニキビ

初期ニキビが進行して毛穴がつまり、内部に皮脂がたまっている状態。よく見るとポツンと小さな点のように見えます。

まだ炎症はなく見た目にもわかりずらいですが、毛穴の中では皮脂がたまりアクネ菌が増え始めています。

ニキビのタイプ別『原因とケア方法』:③黒ニキビ

毛穴がつまって皮脂がたまり、その皮脂が表面に押し出された状態。皮脂が空気に触ることで酸化され黒くみえるのが特徴です。

この時点ではまだ毛穴の炎症は起きていませんが、見た目にも目立つ黒ニキビなので早めのケアが大切です。
どうすれば改善できるのでしょうか?詳しくご紹介します。

ニキビのタイプ別『原因とケア方法』:④赤ニキビ

毛穴の内部で皮脂を栄養源にしたアクネ菌が増殖し、炎症を起こした状態。赤ニキビにまで進行するとかゆみや痛みを伴うことが多いようです。

赤ニキビは「炎症ニキビ」とも呼ばれていて、放置するとニキビ跡にもなりかねない化膿したニキビに進行することもあるため、正しいニキビケアで対応しましょう。

ニキビのタイプ別『原因とケア方法』:⑤黄(化膿)ニキビ

赤ニキビがさらに進行して黄色い膿がたまった状態。嚢胞(のうほう)とも呼ばれます。この状態になると毛穴の内部ではアクネ菌が活発に活動し、炎症物質が周りに広がっています。

黄(化膿)ニキビが悪化し炎症が真皮層にまで達してしまうとニキビ跡が残ってしまう可能性がかなり高まります。

ニキビのタイプ別『原因とケア方法』:⑥紫ニキビ

ニキビの症状の中でも最も重症化した状態。この場合、炎症を起こした毛穴の中で血と膿がたまり赤紫色にみえるのが特徴。ここまで進行すると炎症が治まった後もニキビ跡として残ってしまう可能性が高いので、根気よくケアをしていく必要があります。

では、紫ニキビになった場合、どのような対処方法があるのでしょうか?

ニキビはつぶしても大丈夫?

ニキビができると気になってつい触ってしまいたくなるもの。特に、かゆみや痛みがある場合はなおさらですよね。よく「ニキビは絶対につぶしてはダメ!」という言葉を耳にしますが、実際はどうなのでしょうか?

ニキビを潰すのは正解なのか、不正解なのか。解説します!

今さら聞けない!大人ニキビと思春期ニキビの違いとは?

よく聞く「大人ニキビ」と「思春期ニキビ」の違い、知っていますか?それぞれに原因も対処方法もまったく異なります。意外と知らないそれぞれのニキビの特徴を解説します。

このページの先頭へ