有効成分“ビタミンC誘導体”とは

ビタミンC誘導体とは

ニキビ予防に高い効果がある“ビタミンC誘導体”今では、ニキビケアに欠かせない成分となっている万能美肌成分です。ニキビだけでなく、シミやしわ、くすみ、毛穴、皮脂、たるみなど、様々な肌トラブルのケアに積極的に取り入れてもらいたい注目の成分。

今回は、“ビタミンC誘導体”について詳しくご紹介したいと思います。

ビタミンC誘導体の主な効能

ビタミンC誘導体とは、もともと不安定で酸化しやすく、肌への浸透力も悪かった“ビタミンC”を、安定性を上げて浸透力も格段にアップし、肌への効果を高めるために開発された成分です。

現在でも使用感や効果を上げる為に盛んに研究開発されている、美肌効果満載のうれしい成分。では、ビタミンC誘導体の主な効能をご紹介します。

皮脂分泌を抑え、ニキビを予防する

過剰な皮脂分泌を抑える皮脂コントロール作用で、毛穴つまりを防ぎニキビを予防します。テカリやべたつきが気になる脂性肌(オイリー肌)のデイリーケアとしても有効です。

毛穴を引き締める

毛穴をきゅっと引き締める効果があります。また、肌の弾力をアップさせる効果もあるので、たるみによる毛穴の目立ちの改善も期待できます。

肌に透明感を与える美白効果

肌に透明感を与えて、ワントーン明るくする美白効果があり、ターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)を促すことでメラニンの排出を助けるので、シミ予防にも効果的です。

コラーゲン量を増やし、ニキビ跡を修復する

肌内部に浸透し、弾力の元となるコラーゲンの生成を促します。コラーゲン量が増えることで肌がふっくらし、凹凸のニキビ跡の修復にも効果が期待できます。また、肌全体を引き締めるので、たるみ予防にもおすすめ。

抗酸化作用で、肌細胞の生まれ変わりを助ける

高い抗酸化作用で、肌細胞の生まれ変わりであるターンオーバーを助けます。また、アンチエイジングとしての効果も期待できます。

ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体には、主に「水溶性タイプ」「油溶性タイプ」「新型タイプ」の3タイプにわかれます。それぞれに特徴が違い、配合しやすい化粧品の種類も異なります。

(1)水溶性タイプ

皮膚に浸透しやすく、比較的効果が早く実感できる即効性があるのが特徴。主に化粧水や美容液に配合されています。
この成分は、エトヴォスノブACアクティブに配合されています。

(2)油溶性タイプ

もともと水溶性だったものに、油を結合したタイプ。水溶性よりも効果がゆっくり長く続く持続性があるのが特徴。美容液がクリームに配合されることが多いタイプです。この成分は、エトヴォスに配合されています。

(3)新型タイプ(APPS)

水溶性と油溶性の両方の特徴を持つ新しいタイプ。浸透力も格段に上がり、水溶性の100倍以上ともいわれています。

さらに、最近では新型タイプ以上の浸透力を持つタイプが開発され注目されています。この最新型タイプはシーボディに配合されています。

(4)その他

ピュアビタミンC(アスコルビン酸)をそのまま超微小カプセルに閉じ込め、安定性と安全性を高め、肌への浸透力を格段にアップさせたタイプ。医薬品にも使われる皮膚浸透テクノロジーを採用した即効性の高い成分。このタイプはビーグレンに配合されています。

おすすめの化粧品

ビーグレン

ビタミンCを特許取得の浸透テクノロジーでナノ化した速効性の高い化粧品。ニキビ&ニキビ跡ケアにおすすめ

シーボディ

従来の200倍以上の浸透力があるといわれる最新型ビタミンCを配合した攻めのニキビケアシリーズ

エトヴォス

速効性のある“水溶性ビタミンC”と、持続性のある“油溶性ビタミンC”をバランス良く配合したニキビ化粧品

このページの先頭へ