美肌になる睡眠習慣のススメ

美肌になる睡眠習慣

良質は睡眠は健康な肌への第一歩です。忙しい毎日の中で、「なかなか睡眠時間がとれなくて体もお肌もボロボロ・・・」なんてことにならない為に、睡眠習慣を見直してみましょう。

睡眠をおそろかにしていると、体の不調を招き、体の不調は肌の不調へとつながります。そんなことにならないように、今の睡眠を一度見直してみましょう。

今回は、美肌になる睡眠習慣をご紹介したいと思います。

睡眠はなぜ健康な肌づくりに欠かせないのか?

睡眠中は“成長ホルモン”が分泌され、筋肉や骨、内臓器官などの発達に大きく影響しています。そしてこの成長ホルモンは肌の調子を整えるホルモンでもあります。

睡眠中に成長ホルモンが分泌されることで、肌の細胞分裂が進み新しい細胞に生まれ変わります。これがターンオーバーです。このターンオーバーが正しく行われることで、肌は健康な状態を保ちます。

しかし、睡眠不足や質の悪い睡眠を続けていると、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)がうまく行われなくなり、古い角質が溜まっていき、毛穴がつまりやすくなることで、ニキビの出来やすい肌状態になってしまいます。

この成長ホルモンがピークを迎えるのは、22時~翌2時までの間。この間に睡眠をとることで、肌のターンオーバーが盛んに行われ、新しい健康な肌細胞に生まれ変わります。

このように、睡眠はニキビ予防にも欠かせない大切な生活習慣だということがお分かり頂けたと思います。では、美肌につながる睡眠とはどのような睡眠なのでしょうか?

美肌につながる○つの睡眠習慣

“お肌のゴールデンタイム”に眠る

お肌のターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)が活発に行われるのが、22時~翌2時までの“お肌のゴールデンタイム”です。この時間に深い眠りに入ることで、肌細胞の分裂が進み、新しい肌に再生されます。

逆にいうと、この時間を過ぎていくら長時間寝ても、お肌にとってはあまり意味はないということになってしまいます。

清潔な寝具で眠る

睡眠は周りの環境に大きく影響されます。質の高い深い眠りに入るためには、心地の良い清潔な寝具で眠るようにしましょう。

カフェインを含む飲み物は飲まない

カフェインは脳を興奮させる作用があり、その効果は約7時間続くと言われています。できれば、就寝時間の7時間前にはカフェインが入った飲み物は控えるようにしましょう。

寝酒は控える

寝酒をするとよく眠れるといいますが実は逆で、脳を興奮させてしまうので眠っても浅い睡眠になってしまいます。

寝る前はPCやスマートフォンの使用を避ける

PCやスマートフォンなどの強い光は脳を活性化させて頭がさえてしまうので、眠る前は強い光を浴びないようにします。できれば、就寝時間の1時間前から部屋の照明も間接照明にするなど暗くすることで、深い睡眠に入りやすくなります。

リラックス状態になる

入眠後、すぐに深い眠りに入ることが成長ホルモンの活性化につながり、それが健康な肌づくりに欠かせません。そのためには、睡眠前に心身ともに“リラックス状態”になっていることが大切です。

リラックス状態になるためには、カフェインの入っていない温かい飲み物を飲んだり、ぬるめのお湯で半身浴をしたり、ゆっくりとストレッチをするなどして、“ゆっくりと過ごす”ようにしましょう。

おすすめの化粧品

ビーグレン

ビタミンCを特許取得の浸透テクノロジーでナノ化した速効性の高い化粧品。ニキビ&ニキビ跡ケアにおすすめ

シーボディ

従来の200倍以上の浸透力があるといわれる最新型ビタミンCを配合した攻めのニキビケアシリーズ

エトヴォス

速効性のある“水溶性ビタミンC”と、持続性のある“油溶性ビタミンC”をバランス良く配合したニキビ化粧品

このページの先頭へ